長期滞在 大学 ホテル

出張などで大学周辺のホテルに長期滞在する際のポイントについてまとめました。

洗濯がホテルでできるか?

短期間の滞在では、その日数に合わせた着替えを持って行けば良いのですが、長期間の滞在になると、 どうしても洗濯せざるを得ません。下着類は、ホテルの部屋のユニットバスで手洗いできますが、日数が長くなると面倒になってきます。
そんなとき、ホテルにコインランドリーがあると便利です。
洗濯・クリーニングの有料サービスもありますが、自分で洗う方が経済的です。
背広を着る場合、アイロンやズボンプレッサーの貸し出しがあれば利用したいものです。
クリーニングに出したい場合、ホテルのサービスだけでなく、大学内・大学付近のクリーニング業者を利用するという方法もあります。

ホテルの朝食バイキングは必要か?

多くのホテルでは朝食バイキングが宿泊セットに含まれています。
通常、自宅で食べている朝食よりも豪華なのですが、デザートなども多く、カロリーも高いのが特徴です。
朝食バイキングの品数の多さに、ついつい食べ過ぎてしまう方も多いはず。
しかし、長期滞在で朝食バイキングを毎日食べるのは、かなりカロリーオーバーになりますし、数日間ならともかく、毎日の朝食は軽くすませたいという方のほうが多いでしょう。
不必要な経費は減らしたい方は、朝食なしの宿泊プランを選べるホテルを選択するのが良いでしょう。

ウィークリーマンション・マンスリーマンションの利用

長期滞在の場合、ホテルに宿泊するだけでなく、ウィークリーマンションやマンスリーマンションを利用することも一つの方法です。
家具・電化製品一式が備え付けてあり、料理・洗濯が自由にできるようになっています。
ホテルに長期滞在すると、どうしても割高になりますし、ホテルによっては部屋に冷蔵庫がない、洗濯ができないなど、不便な面が出てきます。
滞在中の部屋の管理は自分でする必要がありますが、自分の部屋と同じように使えるので、ウィークリーマンションやマンスリーマンションは長期滞在に向いています。